トピックス | KHJ埼玉けやきの会家族会

KHJ埼玉けやきの会家族会

ひきこもりから,広い世界へ,明るい未来へ!

けやきの木

トピックス

◇・・・・・・ト ピ ッ ク ス・・・・・・◇

平成31年3月29日 内閣府からひきこもりの実態調査が公表されました。
内閣府公表によると40歳から64歳までのひきこもりは61.3万人。
平成27年度調査による(15歳から39歳)を合わせると、合計の推計で100万人をこえる人がひきこもりとなっています。

厚労省のガイドラインは「趣味の用事のときだけでかける」「近所のコンビニだけはでかける」「自室から出るが家からは出ない」「自室からほとんど出ない」のいずれかに該当し、その状態が6か月以上続いている人をひきこもりと認定しています。
身体的病気の人は除く。

男女比では男性が多くを占め4分の3が男性でした。
また、就職氷河期にあたる40歳代の半数は20歳代にひきこもり始めていました。
きっかけは(複数回答)、4割近くが「退職」を挙げ、「人間関係がうまくいかなかった」「病気」「職場になじめなかった」がいずれも2割程度を占めていました。

過去の調査で除外していた「専業主婦」や「家事手伝い」の人も生活状況によってはひきこりと認定しています。

ひきこもりは若者だけの問題ではなく、中高年を含んだ幅広い年齢層に存在することを、国として初めて認めた形になります。

埼玉県内の人口732万人に換算すると6万人を越える人が県内のひきこもり者ということになります。

KHJ全国ひきこもり家族会連合会の、伊藤正俊と中垣内正和共同代表は、今回の内閣府ひきこもり実態調査をふまえ、意見書を出しました。
8050問題に象徴されるように、親も子も高年齢になりつつあります。親の介護をきっかけにそれまで表面に現れなかったひきこもりが発覚するなどの例も数多く出てきました。
親の介護問題、本人の心身の健康問題、親亡きあとの本人の経済問題など早急に対処しなければならない課題があります。

雇用のための施策にかぎらず、若年層から中高年までの幅広い年齢層を視野に入れた様々な支援の仕組みづくりを実現させるため、ひきこもり当事者本人や家族を交えた協議の場を設けてほしいと内閣府に訴えています。

New!! 平成31年3月29日 内閣府発表の実態調査を受けて、「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」は4月23日ひきこもり支援対策の強化をもとめる要望書を国会内にて公明党厚生労働部会に提出しました。

ひきこもりは若者特有の問題ではなく、どの年代からでも誰にでもおこる問題であることを共通認識するとともに、「80-50問題」への対策、親亡きあと本人の安心と安全が保障される支援施策が急務だと強調し訴えてきました。

外部機関から依頼にて田口代表が講演を行いました

  • H24年3月 三郷市障害福祉相談支援センター「誰にでもおこりうるひきこもり/全体像/回復の段階/段階に応じた対応」
  • H24年4月  KHJ宮崎 楠の会 「誰にでもおこりうるひきこもり/親子コントなど」
  • H25年6月 前橋市保健所 「誰にでもおこりうるひきこもり/5大基本など」
  • H26年2月 高崎市保健所 「誰にでもおこりうるひきこもり/肯定語、 挨拶、 小遣いについて など」
  • H26年6月 前橋市保健所  「言葉の持つ力」
  • H27年4月  KHJ群馬はるかぜの会 「ひきこもりの正しい理解のために」
  • H27年9月 家族療法学会  「家族のリカバリートーク」
  • H28年1月 高崎市障害福祉課「家庭は治療の現場/本音を言える関係をめざして」
  • H28年12月 群馬県こころの健康センター 「しゃべらない、人と会おうとしない、全く外出しない 子どものこころに届く会話の工夫/ワーク」
  • H29年10月29日 KHJ全国大会in東京の分科会にて「地域連携の実践報告」
  • H30年1月22日 埼玉県生活困窮者支援員研修会にて「ひきこもりの理解と基本の対応」を講義
  • H30年2月24日KHJ認定ピアサポーターフォローアップ研修「会の運営について」を講義
  • H30年7月3日 三芳町社協主催ボランティア講座「ひきこもりについて正しい知識を学ぶ」にて当会の活動紹介とグループワークのファシリテーターを行いました。
  • H30年9月24,25日 KHJ本部主催ピアサポーター養成研修in 御殿場にて研修講師「ひきこもりの理解と基本の対応」「CRAFTの紹介、グループワーク、CRAFT実践による事例紹介」
  • H31年1月18日 ふじみ野市福祉総合支援チームの家族会にて講演「ひきこもりの子どもとの関わり」
  • H31年1月28日 埼玉県社会福祉課主催生活困窮者支援員研修会で講演「ひきこもり家族支援へのアプローチ」
  • H31年2月24日 KHJピアサポーター養成フォローアップ研修にて研修講師を担当

KHJ埼玉けやきの会は埼玉県とさいたま市ひきこもり対策協議会の構成委員です
☆‥本年度も埼玉県及びさいたま市ひきこもり対策連絡協議会に出席しました・・☆

  • 平成29年1月22日 さいたま市こころの健康センターにて
    さいたま市ひきこもり対策連絡協議会にて同委員の田口代表が出席し活動の報告を行いました。
  • 平成29年2月7日 埼玉県庁の講堂にて
    埼玉県ひきこもり対策連絡協議会にて田口代表と佐川理事が出席し活動の報告を行いました。
  • 平成29年7月6日 さいたま市こころの健康センター主催
    さいたま市ひきこもり対策連絡協議会ワーキンググループ成人期支援部会に出席し、各関係機関からの情報提供と提供された2事例について委員全員で検討しました。
  • さいたま市ひきこもり対策連絡協議会ワーキンググループ成人期支援部会に出席し、各関係機関からの情報提供と提供された2事例について委員全員で検討しました。
  • 平成30年1月15日 さいたま市ひきこもり対策連絡協議会にて取組の報告
  • 平成30年1月16日 埼玉県ひきこもり対策連絡協議会にて取組の報告
  • 平成30年7月11日 さいたま市ひきこもり対策連絡協議会にて取組の報告及び事例検討
  • 平成31年1月15日 さいたま市ひきこもり対策連絡協議会にて取組の報告
  • 平成31年1月29日 埼玉県ひきこもり対策連絡協議会にて取組の報告